CTEPH.jp 医療関係者の方

このサイトは、医療関係者の方を対象に、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に関する情報を掲載しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読みください。
あなたは医療関係者の方ですか?

診断について

CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)の診察

 

まずは、肺高血圧症を疑うこと

CTEPH(chronic thromboembolic pulmonary hypertension:慢性血栓塞栓性肺高血圧症)の診察は、肺高血圧症を疑うことから始まります。
肺高血圧症は、自覚症状として、労作時呼吸困難、息切れ、易疲労感、動悸、胸痛、失神、咳嗽などがみられます。
しかし、軽度のうちは症状が現れにくく、症状を認めたときには、すでに重度の肺高血圧をきたしていることが少なくありません。
右心不全症状をきたすと、腹部膨満感や体重増加などがみられ、さらに、右心不全が進行すると、頸静脈怒張、肝腫大、下腿浮腫、腹水などが現れます。
また、下肢の深部静脈血栓症を合併する症例では、下肢の腫脹や疼痛が認められます。

CTEPHの診断基準では、主要症状および臨床所見は表1のように定められています。

表1 CTEPHの主要症状および臨床所見(診断基準より抜粋)

(1)主要症状および臨床所見

  • ①労作時の息切れ
  • ②急性例にみられる臨床症状(突然の呼吸困難,胸痛,失神など)が,以前に少なくとも1回以上認められている.
  • ③下肢深部静脈血栓症を疑わせる臨床症状(下肢の腫脹および疼痛)が以前に少なくとも1回以上認められている.
  • ④肺野にて肺血管性雑音が聴取される.
  • ⑤胸部聴診上,肺高血圧症を示唆する聴診所見の異常(II音肺動脈成分の亢進,IV音,肺動脈弁弁口部の拡張期心雑音,三尖弁弁口部の収縮期心雑音のうち,少なくとも1つ)がある.

循環器病の診断と診療に関するガイドライン(2011年度合同研究班報告):肺高血圧症治療ガイドライン(2012年改訂版)より抜粋

CTEPHの診断の流れ(CTEPHの診断基準を含む)はこちら

問診で、症状の経過を確認

労作時の息切れなどから肺高血圧症が疑われた場合、以前の症状を問診します。
“急性例にみられる臨床症状(突然の呼吸困難、胸痛、失神など)”や、“下肢深部静脈血栓症を疑わせる臨床症状(下肢の腫脹および疼痛)”が、以前に少なくとも1回以上認められたかどうかを確認します。

References

  • ・循環器病の診断と診療に関するガイドライン(2011年度合同研究班報告):肺高血圧症治療ガイドライン(2012年度改訂版)
  • ・循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2008年度合同研究班報告):肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン(2009年改訂版)