患者さんインタビュー。CTEPH啓発大使 細貝 萌選手が聞く

CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)は国から「難病」に指定されている病気で、早期発見、早期治療が重要です。そのためには、専門の医療関係者だけではなく、多くの人々がCTEPHというのはどのような病気なのかを知り、心当たりや気になることがあれば、専門の医療機関を受診することが求められます。CTEPHを広く知ってもらおうと、プロサッカー選手・細貝萌選手はCTEPH啓発大使として様々な活動を行っています。そんな細貝選手が、CTEPHの患者さんにCTEPHの診断に至るまでの経緯や、この病気とどのように向き合ってきたのかなど、お話を伺いました。

第二回 Jリーグ ヴァンフォーレ甲府 所属 畑尾 大翔 選手 夢をあきらめず、病気に向き合ったプロサッカー選手
第二回 Jリーグ ヴァンフォーレ甲府 所属 畑尾 大翔 選手 夢をあきらめず、病気に向き合ったプロサッカー選手
第一回 CTEPHの患者 吉田 恵子 さん(仮名)妻、2人の息子の母としてCTEPHに向き合う
第一回 CTEPHの患者 吉田恵子さん(仮名) 妻、2人の息子の母としてCTEPHに向き合う

CTEPHはこんな病気です

CTEPH(シーテフと呼びます)は、日本語では「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」といい、国の特定疾患治療研究事業の対象疾患(難病)に指定されています。肺と心臓の働きを損なう肺高血圧症の一種で、血のかたまり(血栓[けっせん]といいます)が肺の血管を塞いだ状態が続き、心臓から肺に血液を送り出す肺動脈の血圧が上昇します。進行すると、息苦しさや身体のだるさ、胸の痛みなど様々な症状が現れます。
治療は主に肺動脈の血栓を取り除く手術が行われます。しかし多くの患者さんがこの手術を受けることができなかったり、術後も肺高血圧の残存や再発することがあります。これまでこうした患者さんに対する薬はありませんでしたが、2014年、日本で初めての治療薬が発売されました。

細貝 萌(ほそがい はじめ)
1986年群馬県生まれ、U-15(15歳以下)から各年代のサッカー日本代表に選ばれ、2005年高校卒業と同時に浦和レッズ入団(6シーズン在籍)。’08年には北京五輪に出場、’10年にA代表(年代別の制限がない日本代表)に選出される。’11年にドイツのバイエル04レバークーゼンへ移籍。’13年7月からはヘルタ・ベルリンに所属。ブラジルワールドカップのアジア最終予選でも活躍、ワールドカップの出場権を勝ち取る。日本代表として25試合に出場し1得点をあげる。(2014年3月5日現在)