Close Mobile Navigation

CTEPHからの再チャレンジ、プロへの復帰

患者さんインタビュー

CTEPH啓発大使であるプロサッカー選手の細貝萌選手を聞き手として、CTEPHを乗り越えて競技復帰を果たしたプロサッカー選手の大山武蔵選手をお迎えし、診断から治療、復帰までの経緯と、現役プロサッカー選手としてのCTEPHとの向き合い方についてお伺いしました。
(2021年5月17日、リモートにて開催)


大山武蔵選手
大山 武蔵(おおやま むさし)

1998年北海道札幌市生まれ。札幌大谷高校に在学中の2016年、日本高校サッカー選抜メンバーに選出される。2017年にセレッソ大阪に入団後、2018年に胸の痛みにより受診、急性肺血栓塞栓症と診断される。一度復帰するも、シーズン終了後に再発し、セレッソ大阪を退団。その後CTEPHと診断されるも、BPA手術後症状が改善し、プレーを続けるためのクラブを探すべくトレーニングを再開する。2020年にJFLのF.C.大阪と契約し、プロサッカー選手として再スタートを切る。(2021年9月現在)



急性肺血栓塞栓症の発症、選手生命の危機

胸の違和感から強くなる痛みをきっかけに受診
細貝萌選手

細貝:CTEPH(chronic thromboembolic pulmonary hypertension:慢性(まんせい)血栓(けっせん)塞栓性(そくせんせい)肺(はい)高血圧症(こうけつあつしょう))は肺の血管に異常が生じて心臓に負担がかかり、全身への酸素供給がうまくいかなくなる病気です。
(参考:CTEPHってどんな病気?)

症状が進むと選手生命のみならず、日常生活を送ることにも支障が出てしまう大変な病気ですが、大山選手は早期発見と治療により、みごとに競技復帰を果たしています。今日は、大山選手に診断から治療、復帰までの道のりについてくわしくお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

大山:こちらこそ、よろしくお願いします。

大山武蔵選手

細貝:はじめに、診断のきっかけについてお聞きします。CTEPHは、この病気だけに起こる特徴的な症状はないと言われていますが、大山選手はどのような症状で異変を感じたのですか?

大山:ある試合の前日、胸の辺りに違和感を覚えました。痛いという程ではなく、違和感のみだったので、いずれ治まるだろうと翌日の試合に出場しましたが、試合後に少し痛みが出てきました。一晩寝れば治まると思っていたのですが、翌朝目が覚めると痛みが強くなっていたので、すぐにチームドクターに連絡して病院を受診しました。そのときは急性(きゅうせい)肺(はい)血栓(けっせん)塞栓症(そくせんしょう)と診断されました。

細貝萌選手

細貝:その胸の痛みというのは、どのようなものですか。「息苦しい」感じですか?

大山:僕の場合はそこまで症状は強くなくて、違和感から始まって、受診当日の朝は息苦しいというよりはズキズキ痛むという感じでした。ただ、だんだん痛みが強くなっていたので、これはおかしいなと思いました。

大山武蔵選手

細貝:病院を受診して、すぐに病名が判明したのですか。

大山:はい。いろいろ検査をして、その日のうちに「急性肺血栓塞栓症です」と診断されました。

細貝:突然のことで「えっ?」という感じですよね。

大山:そうですね。しかも初めて聞く病名だったので、頭の中が真っ白になりました。


一度復帰するも再発、選手生命の危機に直面
細貝萌選手

細貝:急性肺血栓塞栓症の診断がついて、治療やサッカーについてはどうすることになったのですか。

大山:血管に血栓が詰まる病気なので、その詰まりを取るために、まずは血液をさらさらにする薬剤(抗凝固薬)を服薬することになりました。医師からは「3ヵ月間は絶対に飲み続けて欲しい」、そして「その間、出血しやすくなります」とも告げられました。

細貝:接触プレーは危ないということですね。

大山武蔵選手

大山:はい。もし頭にケガでもすれば、命に関わる危険性もあると言われました。

細貝:ということはその3ヵ月間、プレーはストップとなったのですね。

大山:試合に出場できなくなりました。それでも自分なりにトレーニングを重ねて体力維持に努め、3ヵ月間の服薬治療後に復帰することができました。そして無事にシーズン終了を迎えたのですが、その翌週に再発したのです。

細貝:前回と同じような胸の痛みがあったのですか。

大山:前回より痛みが強かったので、すぐに病院を受診しました。

細貝:復帰してからシーズン終了まで、全く症状はなかったのでしょうか?

大山:はい。僕自身は完治したつもりだったので、それが再発したかもしれないとなると、さすがにパニックに陥りましたね。

細貝:そうでしょうね。2回目の診断で、医師からはどのような説明を受けたのですか。

大山:2回発症したということは、何度繰り返してもおかしくない状態だと告げられました。3回目、4回目と再発の可能性もあるし、完治は難しく、一生服薬が必要だとも言われました。

細貝:すると、もうプレーはできない状況だということですね。

大山:サッカーを続けていくのは厳しいと言われました。そして、当時の所属チームとも契約満了となり、チームから去ることになったのです。


CTEPHを経て現役復帰に至るまで

CTEPHと診断されBPAに踏み切る
細貝萌選手

細貝:大山選手はその後、地方の医療センターを受診されていますが、受診するまでにはどのような経緯があったのですか?

大山:病気について調べていく中、畑尾大翔選手(ザスパクサツ群馬: 2021年5月当時)が僕と同じような病気を経験してサッカーを続けているという記事を見つけたのです。それで、さらに具体的な情報が欲しくてSNSで畑尾選手に連絡を取りました。

細貝:畑尾選手は同じ医療センターで治療を受けていたのですよね。

大山武蔵選手

大山:はい。僕自身、いろいろ調べる中でその医療センターを知っていたこともあり、畑尾選手からも背中を押す言葉をもらって、受診を決めました。

細貝:そこであらためて、急性肺血栓塞栓症が慢性化したCTEPHと診断され、BPA(balloon pulmonary angioplasty:バルーン肺動脈形成術)を受けたわけですね。BPAとはどのような治療なのですか。

大山:BPAは、先端に風船がついた特殊なカテーテルを血管に挿入し、血栓がある場所で風船を広げて血液を流れやすくする治療です。手術のようにメスを使わず、血管内で治療をするのが特徴です。
(参考:どんな治療法があるの?

細貝萌選手

細貝:BPAをすれば、プレーは可能だと言われたのですか。

大山:「畑尾選手がBPAによってサッカーができるまで回復したので、同じように回復できる可能性もあるでしょう」と言われました。それでBPAを決断しました。

細貝:とにかくプレーを続けたい思いがあったのですね。

大山:はい、そうです。

細貝:サッカーができるようになる可能性があるとは言われたものの、実際BPAに踏み切るには不安もあったと思います。家族や周囲の人に相談はしたのですか。

大山:もしサッカーを続けられなくなったらどうするか、家族とはずっと話し合いを続けていました。チームドクターやコーチ、畑尾選手のサポートも大きかったですね。不安でいっぱいでしたが、具体的な情報やアドバイスがあったことで、なんとか乗り越えられたように思います。

大山武蔵選手

細貝:BPAを受けて実際、効果はあったのですね。

大山:BPA後は健康な人と同じレベルまで血液の流れが良くなり、「再発のリスクは低い」と医師からも言ってもらえました。そこで、プレーするためのクラブを探すべくトレーニングを再開しました。

細貝:治療の後で体力も落ちて、コンディションを取り戻すのは大変だったでしょう。

大山:体重で言うと3~4kg減っていましたね。最初は動くのも不安でしたが、少しずつ体を慣らしていく感じでトレーニングをしていきました。


CTEPHと向き合いながら、プロサッカー選手として再スタートを切る
細貝萌選手

細貝:大山選手はその後、2020年10月にJFLのF.C.大阪で再スタートを切りました。所属先が決まったときはどのような気持ちでしたか。

大山:正直、ホッとしました。なかなか所属が決まらなくて、「これはもう年をまたぐかも」と覚悟していました。それが年内の10月に決まって嬉しかったですし、プロサッカー選手として再チャレンジできる実感が湧いて、どんどんモチベーションが高まっていきました。

細貝:それは本当に嬉しいことですよね。

大山武蔵選手

大山:はい。嬉しかったですね。

細貝:プロサッカー選手として以前から体調管理には注意していたと思いますが、CTEPHを経験して、あらためて気を付けていることはありますか?
(参考:普段の生活で気をつけることは?

大山:医師からのアドバイスで、水分補給を意識するようになりました。睡眠時間や栄養バランスにも気を付けています。また、飛行機や新幹線などでの長時間移動はリスクが高いといわれているので、移動時は着圧ソックスを履き、こまめに席を立ったり足の指を動かしたり、とにかくじっとしないよう心がけています。

細貝:すごい!徹底してやっていますね。正直な気持ちとして、再発の不安はありますか。

大山:全くないと言えば嘘になります。それでも、できることを徹底してやっていれば、不安を上回るだけの安心と自信が備わる気がします。万が一再発しても、それはそのとき考えれば良いと思っています。

細貝:そうですね。家族や周囲のサポートはもちろん、信頼できる医師がいるのも心強いことだと思います。


CTEPH患者さんやご家族に向けて

CTEPH治療の後もポジティブに、プロサッカー選手としてトップレベルをめざす
細貝萌選手

細貝:CTEPHと診断される患者さんの数は年々増えていますが、特徴的な自覚症状に乏しく、治療につながっていない隠れた患者さんもいると考えられます。病気について、大山選手の経験からアドバイスはありますか。

大山:振り返ると僕の場合、プロサッカー選手として体調に気を配っていたので異変に気付きやすかったのかもしれません。また、おかしいと感じても放置せず、すぐに病院を受診したのが良かったと思います。今、新型コロナウイルス感染症の影響で受診を控えている方がいるかもしれませんが、ちょっとした異変が重大な病気のサインの可能性もあります。ぜひ、ためらわずに受診して欲しいですね。

細貝:実際にCTEPHと診断された患者さんには、どのような言葉をかけたいですか。

大山武蔵選手

大山:僕も病名を告げられたときはパニックに陥り、サッカーをあきらめざるを得ない現実に絶望しかけたこともありました。それでも、僕はサッカーがやりたくて仕方がなかったので、「どうにかしてサッカーをやれる方向に持っていこう」とポジティブに捉えるようにしたら、そこから道が開けたように思います。大変なことは多いですが、「うまく病気と向き合いながらポジティブに考え、行動しよう」と伝えたいですね。

細貝:そこはどうやって、気持ちをポジティブに切り替えていったのですか。

大山:周囲の人に相談したとき、勇気づけられる言葉をたくさんかけてもらいました。それで自分自身もポジティブになれた気がします。人に話すことで自分の中にため込んでいたものが解放されていく感覚もあったので、信頼できる人に話すのは大切なことだと思います。

細貝:なるほど。それはとても参考になりますね。最後に、大山選手のプロサッカー選手としての目標、将来の夢を教えて下さい。

大山:プロサッカー選手として復帰し、プレーしている以上はさらに上をめざします。僕が活躍して有名になっていけば、CTEPHという病気をより多くの人に知ってもらえる機会も増えるはずです。僕のCTEPHの経験を広く発信していくためにも、プロサッカー選手としてさらに成長して、トップレベルをめざしたいと思います。

細貝:CTEPHという大変な病気と向き合いつつ、日本を背負って戦うプロサッカー選手になればすごいことですね。ぜひ頑張って欲しいと思います。今日はどうもありがとうございました。

大山:こちらこそありがとうございました。